山梨県下最大のトマト収穫量を誇る、中央市。


そのトマトのほとんどが『中巨摩東部トマト』として全国出荷されている為、トマトの名産地としては、まだまだ知名度は低いのです。

そこで私達中央市商工会青年部は、知る人ぞ知る
『中央市のトマト』を日本中に知ってもらおう!
そして我がまち中央市も、ここに育つトマトのように
元気で情熱いっぱいの中央市にしてゆこう!

そんな思いが溢れて、

『まちづくり、トマト計画』

を立ち上げました。

商工会青年部には様々な職人が集っています。料理人・生花業・青果業・菓子屋・箱製造・鉄骨屋・板金業・文具店・蘭生育・屋根瓦・印刷業………。

 

各部員が職を最大限に活かして、手づくり乍ら『モノづくり、コトづくり』を通してのまちづくり提案を続けています。


20世紀の終わりに蒔いた『情熱トマト計画』の種は、現在着実に実りを見せはじめています。

これからの中央市『情熱トマト計画』にご期待ください。